なぜ接待にガールズバーを選ぶのか。

ガールズバーの良さとは

接客する女性
そもそもどうして女の子のいるお店を接待で使わないといけないのかという所で疑問を抱いているのではないでしょうか。

お酒を飲みたいなら居酒屋に行けば良いし、高級なお酒を飲みたいならちゃんとしたバーテンダーのいるBarに行けば良いと思う人は多いのではないでしょうか。

もちろんそうです。キャバクラやガールズバーに行ってビールを飲むのも居酒屋やBarでビールを飲むのも同じです。しかし環境が違いますし、その環境が重要なんです。

一人や友人と飲むのならば居酒屋で充分ですが、お得意様と一緒にお酒を飲むとなると居酒屋やBarでは物足りなく感じさせてしまう訳です。
銀座の風景
昔は高ければ高いほど自分に対して良い接待をしてくれているとお得意様は感じたそうで、都内での接待の時には必ず銀座のお店での接待が普通だったようです。

しかし、医療機器の購入や搬入責任者は世代も若くなり銀座への好奇心はあるもののちゃんと楽しんでもらえるのかというのが疑問になります。それに今のお得意様は自分にどれだけお金を使って還元してくれているのかという目では見ず、仕事への情熱はもちろん、どれだけ楽しめるのかや自分の事を分かってくれているかに尽きます。

医療関係者は少なからず高学歴である為か気を許せる人間は少ないです。偏見かもしれませんが僕のお得意様はそうですね。
高学歴
高学歴の人ってプライドが高いですし、そう容易く心を許してはくれません。壁がかなり高いんですよね。また、そうした医療関係者は新宿や渋谷、六本木のキャバクラは大好きで自分のお金で通ったりもしています。

しかし、僕が接待するまでは皆さんガールズバーへ行った事がある人はゼロだったんです。

それはサービスが良くなくて女の子も可愛くないと決めつけていたというか先入観があったんですよね。

なのでガールズバーで楽しい経験をすると自分の世界を広げてくれたという想いから気持ち的に急接近出来たりするんです。

それって営業からすると喜ばしい事なんですよね。良い製品を新しい顧客に説明して購入してもらおうにも信用がまずないので殆ど話を聞いてはもらえません。

なので、新規開拓をする場合には商品説明を早々に切り上げて予定が空いている日を教えてもらってガールズバーに案内するんです。その時には一切仕事の話はしません。相手が盛り下がってしまいますからね。その時は楽しんでもらう事に徹底するんです。

そして後日、アポを取って再び商品説明に伺うと一発で購入を決められたりこういうのが欲しいというリクエストも頂けたりします。

やっぱり信用とか安心感って大切なんだなって今もそう思います。

あなたも今の知っている世界で充分楽しく生活をされているんでしょうけれど、新たに楽しい事を他の人に教えてもらったらその人の事は忘れられないと思います。

こうした事も営業における人心掌握の技術といっても過言ではないかもしれないですね。

なぜガールズバーに可愛い子がいるのか。

恵比寿のガールズバーで働いている子に調査

女の子がシャンパンを持っているイメージ
そもそもどうしてガールズバーに可愛い子が働いているのか不思議じゃないですか?僕は不思議に思いました。

そんなに容姿やスタイルが良いならキャバクラやクラブで働いた方がお客さんを獲れるだろうし、稼げるのではないかって普通は考えます。

しかし、ガールズバーで働く子はそうしたお金を重要視するのではなく、”リスク”に重きを置いている子が多かったんです。

プライドを阻害されづらい

プライド画像
キャバクラやクラブはお客様ありきでルールがかなり厳しかったりします。それに世間体に関してもキャバクラで働いているというよりもガールズバーで働いているという方が抵抗感が少ないとか。

また、うっかり知り合いに出くわしてもキャバクラやクラブなどでは偏見を持たれてしまうが、ガールズバーであればそうした偏見を持たれる事は少ないと女の子が語ってくれました。

なので働きやすいって事はあるかもしれないですし、門戸が広いので可愛い子が集まりやすいっていうのはあるかもしれないですね。

プロ意識をそんなに持たなくて良い

ルール
キャバクラやクラブなどでは月に二回ほど給料日前に同伴しなければいけないルールがある所が多いです。

どうして女の子の給料日前に同伴デーを設けるかというと、規定の同伴をこなさなければ女の子に罰金を課せられるからです。そうなると店側は罰金と称して人件費を浮かす事が出来るんですよね。

しかしガールズバーには同伴しなければいけないルールなどは存在しませんし、ノルマなどもありません。自由度で言ったら最高クラスの働き場になります。

しかもヘアメイクもなし、ドレスアップもないので女の子が無用な費用を負担しなくても良いという環境なんですよね。

出勤ノルマなどがない

ノルマ
キャバクラやクラブなどではレギュラーで働く子は週5を絶対条件とし、だから時給を3,000円や4,000円にするといった契約がある所もあります。

しかしガールズバーにはそうしたノルマが存在せず、学生も多いので自由に出勤シフトを組む事が出来ます。

確かにシフトが出来上がったら女の子がゼロや一人の日があったら女の子同士で埋め合ったりする事もあるそうですが、基本的にノルマはないですし協力し合ってシフトを組むという感じですね。

お金をもらいながら接客を学べる

学ぶ
ガールズバーに来るお客さんはやっぱり男性が中心です。そこでリスクのない環境で話したりもてなしたりを学べるところってそうあるものではありません。

しかしガールズバーではお客さんの横に座る事は禁止されているので過度なお触りをされる心配はまずありません。カウンターを隔てた向かいにお客さんがいるんですからね。

そこで大人の男性と話し、接客や会話のスキルを磨いて有名ホテルに就職した子や旅行代理店に就職した子を僕は知っています。

賢いなと正直思いましたね。

このようにキャバクラやクラブで働く場合はある程度の決心を必要としますし、リスクもあり警戒心も強くなりがちです。しかし、ガールズバーでは素人の女の子が気軽に働く事が出来る環境なのでキャバクラは嫌だけどガールズバーなら…という子が多くいたりするんですね。

お触りのリスクがないというだけでも相当気持ち的に楽なようですよ!